Building the Civic Innovation Ecosystem – Notes from the Civic Tech Forum

civictechforum

Today, I’ll be speaking at the Civic Tech Forum 2015 in Tokyo, Japan about Chicago’s Civic Innovation Ecosystem. I’m very proud to represent Chicago at today’s event and super grateful to Civic Tech Forum Committee for the invitation.

I’ve posted by slides below as well as my speakers notes. They’ve been translated into Japanese by Code for Japan‘s Shigeomi Shibata.

I’m looking forward to the conversation!

このドキュメントは2015年3月29日に東京、科学技術館で行われるCivic Tech Forumにおける基調講演、クリストファー・ウィテカー氏のプレゼンテーションのノート部分を仮訳した物です。
訳 Code for Ibaraki, Code for Japan 柴田重臣
1.
Konichiwa, Watashi-no-na-mae-ha Christopher Whitaker to wa-tashi wa Shikago kara shimin no gijutsu kon-sar-u-tanto desu. (Good afternoon, my name is Christopher Whitaker and I am a civic technology consultant from Chicago.) Kyō wa anata ni hanasu koto wa meiyodearu.
(It is an honor to speak with you today. )

こんにちは、クリスファー・ウィテカーです。私はシカゴで市民コンサルタントをやっています。今日、ここで皆さまにお話できること、うれしく思っています。

2.
So first, a little about my hometown. Chicago is the third largest city in the United States and we’re known for a few things. The first is that we’re one of the coldest cities in the country – last winter we had 658 mm of snow. We’re also known for the Chicago Cubs with their 100 year losing streak. We also are the home to deep dish pizza…. which comes to about 50mm of cheese, sauce and sausage. Our skyline sits on the shores of Lake Michigan, which showcases some of the best architecture in the county.

最初に私の住む街シカゴについて少しだけお話させていただきます。シカゴはアメリカで三番目に大きな都市で、いくつか有名なものがございます。ひとつめは全米でもっとも寒い都市だということです。昨年は66センチも雪が積もりました。次は野球のシカゴ・カブスです、あまり強くないので100年にわたる苦闘の歴史があります。また、ディープディッシュピザと呼ばれる分厚いピザの街でもあります。皿形の生地にチーズ、ソーセージ、ピザソースは5センチの厚さで入っています。ミシガン湖のほとりの風景は、アメリカ近代建築の宝庫ともいわれます。

3.
We’re also known for being a civic innovation powerhouse. Our city has one of the biggest repositories of open data in the nation, we have one of the biggest weekly gathering of civic hackers worldwide, and we are one of the most productive cities when it comes to projects that leverage the power of technology in the service of the public good.

We can do this because we’ve built an ecosystem design to power civic innovation. I’d like to tell you a little about my story and the story of our civic innovation ecosystem.

また、シカゴはシヴィックイノヴェーションの発信地としても知られています。米国内でも有数のオープンデータレポジトリを持ち、世界でも最多人数が参加する週ごとのシヴィックハッカーのミートアップを行っています。そして、公共サービスにテクノロジを活用していくというプロジェクトで見れば、もっとも活発な都市となっています。

4.
When I give my talks, I always like to ask how many developers are in the room. People who code, know Ruby, have GitHub Accounts. (Pause) – Ok, so this is the part where I give out my deepest darkest secret (Pause) that I am not a coder. I don’t know Python, I don’t know R and if you let me into your production branch on Github – I will destroy everything.

私がお話しするときはいつも、参加者の中に開発者が何人いらっしゃるかを聞いています。プログラムを書く人、プログラミング言語Rubyを知っている人、GitHubのアカウントを持っている人、いらっしゃいますか?(ここで間)
ここで私のトップシークレットをあきらかにしなければなりません。実は・・・
(再び間)
私は開発者ではありません。プログラミング言語Pythonを知りません。Rubyもわかりません。もし、あなたがGitHubを使って開発中のプログラムブランチに招待してもらったとしても、・・・全てをぐちゃぐちゃにしてしまうでしょう。

5.
I came into civic technology from the opposite direction from a lot of my peers.

It was early 2009 and the American economy was in the worst recession in decades. Wall Street was crashing, houses were being foreclosed, and unemployment was skyrocketing. As part of the government’s response, the federal government gave money to state governments to hire more bureaucrats to help process unemployment claims. I was hired by the State of Illinois in 2009 to work in a field office.

So, my first day of work I arrive 30 minutes early. It’s early March and so it’s still pretty cold in Chicago – and there is still a line of about 20 people out the door. I get to my desk and boot up my computer – and I wait about five minutes because the computer is from 1995 – It’s got a big box monitor bigger than my head. I finally pull up the system that I would be using to help my friends and neighbors with their unemployment insurance…and I am greeted by a DOS screen. (pause)

私は多くのテクノロジーが使える仲間と違ってまったく反対の方向からシヴィックテックに入ってきました。
2009年の初頭、アメリカ経済はここ数十年で最悪の状態でした。ウォールストリートは崩壊し、多数の住宅が差し押さえられ、失業率はうなぎのぼりでした。政府の対応として、州政府に予算が出され、雇用保険の処理を行う職員を増やすことになりました。私は2009年にイリノイ州の職員として、そこに採用されたのです。

出勤初日、職場に30分早く到着しました。3月初旬でシカゴはまだ寒かったのですが、それでもすでに約20人もの人が外に列を作っていました。早速デスクに座り、コンピューターを立ち上げました。しかし、立ち上がるまで5分もかかったのです。なぜならそれは1995年から14年間も使い続けられてきた骨董品だったからです。私の頭よりも大きなブラウン管モニターがついていました。どうにかシステムが立ち上がり、雇用保険を申し込む知り合いや地域の人々にサービスを提供できると思ったとき、・・・ 私が見たのは黒井画面に緑の文字のDOS(ドス)の画面でした。

6.
It’s got a green text, it sorta blinks at me. And I’m floored. Turns out this system was from 1975. The system wasn’t a real time system. So, when I did anything (enter in somebody’s claim for unemployment insurance, made sure the system sent them a check) – it didn’t actually happen until it ran through an overnight process. The only way for me to know for certain if something I did worked was to come in the next morning and print a ream of paper about this thick (hand motion) – then go through line…by line…by line… to make sure that nothing rejected. Because if it rejected and nobody fixed it, the claimant would come in 3 days later asking us “Hey! You told me you fixed it! There’s no money in my account – now I can’t pay rent!”

At the same time, I’m carrying around one of these in my pocket. (show iPhone)

緑のテキスト文字が私に向かって点滅していたのです。床に崩れ落ちそうになりました。1975年から使い続けられていたのです。リアルタイムに処理できるシステムでもありませんでした。何かをやろうとしても(例えば誰かの雇用保険を入力してシステムにチェックさせようとしても)、一晩たってそれがバッチ処理されるまでは何も起きないのです。私が実行したことがきちんと処理されたかを知るためには、翌日の朝にこんな量の紙をプリントアウトしてみるまでわからないのです。そして、大量にあるプリントアウト結果を見ます。一行、また一行、雇用保険がきちんと処理されているかを確認するために。もし、うまく処理できていなくて、誰もそれに気がついていないと、三日後に申請者がやってきてこう言いますからね。「あの、申請は受理されたのではないのですか。口座にお金が振り込まれていないのですが。家賃が払えません。」

でも、そのとき私はこんなものをポケットの中に持っていたんですけどね(とiPhoneを見せる)

7.
Something 10 times more powerful that the system that I had to use to help my neighbors with their unemployment and I’m using this (iphone) to watch cat videos on my way home.. It was incredibly frustrating because to me it should be the opposite. As a front line public servant, I should have the best tools possible to help residents. So, I started getting more into technology as a way to try to find ways to do my job better. I started going to technology events, to hackathons, and looking for ways to get involved.

雇用保険を処理するために使っているシステムよりも10倍以上強力で、同時に通勤経路で猫の動画も見ることが出来ます。このことには信じられないぐらい不満がたまりました。本来、これは反対であるべきなのです。行政として最前線に立つ自分としては、市民にサービスするシステムは最高のものであるべきだと考えました。そこで、自分の仕事の最善を尽くすためにテクノロジーの世界に飛び込んでいったのです。最初はテクノロジー系のイベントに出ました、次にハッカソン、そこに参加する方法を学んでいったのです。

8.
After graduating with a Master’s of Public Administration from DePaul University, I became a consultant for the Smart Chicago Collaborative. Around the same time, I became one of Code for America’s first Brigade Captains – and later became the Brigade coordinator for the Midwest region. I also help to co-host the OpenGov Hack Night in Chicago – the largest weekly gathering of civic technologists in the United States. I’m extremely privileged to be able be involved in so many of these efforts and to be part of this community. Specifically, I’m proud to represent Chicago’s civic innovation community.

デポール大学の行政学修士を納めた後、私はスマートシカゴコラボラティブのコンサルタントになりました。同時に、Code for Americaの最初のブリゲイド・キャプテンにもなったのです。後に、米国中西部のブリゲイド・コーディネーターも勤めるようになりました。また、シカゴではオープン・ガバメント・ハクナイトを協同で運営しています。これは全米最大のシヴィックハッカーの毎週のつどいです。このような運動に参加し、コミュニティの一部となれることはこのうえなく栄誉なことだと思っています。特にシカゴのシヴィック・イノヴェーション・コミュニティを代表としてうれしく思います。

9.
In the past few years, we’ve been able to accomplish quite a bit.

過去数年で、いくつかのことを達成することが出来ました。

10.
Some examples of our recent wins include a site called Largelots.org. Because of the recession, Chicago has had a lot of abandoned buildings. The City tears the buildings down then takes ownership of the lot – which the city doesn’t like to do because it’s just sitting there. Teamwork Englewood, a community organization on Chicago’s south side, worked with the city and a local civic technology company called DataMade to build a site that let’s people buy these vacant lots for one dollar.

最近、達成できたものの一つにLargelots.org(ラージロッツ・オルグ、大きな空き地)があります。景気後退のせいでシカゴ市には空き家になった建物が多数あります。市が建物を解体し、その土地の所有権を取得します。しかし、実際は市はそのようなことはしたくないのです。ただ、そこに土地があるだけですから。シカゴ市の南部にあるコミュニティ、チームワーク・エングルウッドは市と協働し、地元にあるシヴィックテクノロジー活用会社のデータメイドと共に必要な市民がこのような空き地を1ドルで購入することができるサイトを構築しました。

11.
For another project, Smart Chicago worked with a local youth organization called Mikva Challenge to build an app (Expunge.io) to make it easier for people to get their juvenile records erased so that it’s easier for people to find jobs and apply to university.

もう一つ別の例としては、地元の青年組織ミクバ・チャレンジとスマートシカゴが協働し、間違いで記録された自分自身の補導歴などを簡単に消すことができるアプリケーションを開発しました。これにより職に就いたり、大学に入学を申請したりできるようになります。

12.
Smart Chicago also worked with our city health department to build an app that listens to Twitter for reports of food poisoning. So, if I eat somewhere and tweet that I’m sick, the Health Department will tweet me back asking for more information. That becomes a city service request and the city will send a restaurant inspector to that restaurant. We’ve done quite a bit of work – and we expect that work to continue as the community aims to take on bigger and more complex projects.

スマートシカゴではまた市の保健所部門と一緒に食中毒に関する情報をツイッターから集めるシステムを開発しました。何かを食べて食中毒になったことをツイートすると、保健部門から詳細の情報をたずねるツイートが戻ります。この情報を集めて、事案が作られ担当部局は該当のレストランに調査に行く形です。小さな改善ではありますが、このような仕事を続けてより大きく複雑な作業を改善していく予定です。

13.
A big part of why we’re able to have as much impact as we do is because we have built a civic innovation ecosystem. This ecosystem acts as an engine that helps power civic innovation and produce not only civic applications – but a more transparent government, non-profit community organizations are a more technologically savvy, more civic technology companies, and much more connected network of people who understand the dual challenges of both technology and government.

Each of these different parts complement the other. The City of Chicago provides the data that powers the engine. The OpenGov Hack Night provides the place for talent and collaboration. The Smart Chicago Collaborative provides institutional support.

なぜ、このようなインパクトを与える仕事ができるかという理由の大部分は、シヴィック・イノヴェーション・エコシステム、つまり生態系を作り上げることが出来たからです。この生態系はシヴィック・イノヴェーションにパワーを与えるエンジンとなります。市民向けアプリケーションを構築するだけでなく、より透明性の高い行政、よりテクノロジーを活用できるようになったNPO、シヴィックテック企業を生み、さらに行政とテクノロジーの両方を理解しお互いにつながった市民をどんどんと生み出していきます。

このような生態系を構成する各要素はそれぞれが補完的関係にあります。シカゴ市はこのエンジンに力を与えるオープンデータを提供します。オープン・ガバメント・ハックナイトは才能ある人々を集め、共働を生み出します。そして、スマート・シカゴ・コラボラティブは組織的援助を与えるのです。

14.
And then, all of Chicago’s efforts then get shared with the Code for America Brigade Network – which helps us collaborate on a global scale. I’d like to explain a little bit about each part in more detail.

さらに、シカゴでの挑戦はCode for Americaが持つボランティアのブリゲイド・ネットワークで共有されます。これによりグローバルな協働が可能になるのです。では、これから各部分についてもう少し詳しくご説明いたしましょう。

15.
First up, The City of Chicago likes to focus on the data. They view data as fuel: fuel for transparency, fuel for innovation, and fuel for businesses.

To help facilitate this, the city has undergone the process of linking all of their business system’s directly to the city’s data portal. So, when the city fills a pothole – the information is automatically uploaded to the data portal where it can be used by civic technologists. On the city employee side, they aren’t doing anything different – there’s no additional step they have to take. The OpenETL toolkit does the work automatically. The city has open sourced the OpenETL toolkit on GitHub – so other municipalities can do the same thing.

まず第一に、シカゴ市はデータ提供にのみ専念します。彼らはデータを燃料・材料だとみなしています。透明性・イノヴェーション・ビジネスに対しての燃料です。

このことを行うために、市は行政内にある全てのビジネスシステムを市のデータ・ポータルに直接接続できるようにプロセスを改善しました。そこで、市が例えば道路の穴を埋めたとき、そのデータは自動的に市のデータポータルにアップロードされ、それを市民テクノロジストが利用することが可能になるのです。市の職員からすれば、これまでと違うことは何もありません。何か追加でやらなければいけない仕事はないのです。オープンETLツールキットが全てをこなしてくれます。オープンETLツールキットはGitHub上でオープンソースとして公開されています。それを利用すれば他の都市でも同じことができるのです。

16.
But,the most important thing the city does to help the ecosystem is their participation in the community. This (points to Tom) is Chicago’s Chief Data Officer Tom Schenk Jr at one of our OpenGov Hack Nights. Schenk is a regular attendee at the hack night and so when the community has questions about city data or needs a particular data set, we can simply ask him directly. The Chief Data Officer is also on Twitter at @ChicagoCDO – so anyone can reach out to him and ask questions. This community involvement is a necessity – it allows the city to respond to the the community’s data needs.

しかし、この生態系を作り上げるために市が行ったなかで最も重要な事は、このコミュニティに市が参加したということです。この人(画面上、トムを指差す)がシカゴ市のチーフ・データ・オフィサー、最高データ責任者、トム・シェンク・ジュニアさんで、彼がオープン・ガバメント・ハックナイトに参加したときのものです。シェンクはハックナイトの常連なので、市のデータに何か疑問が生じたときや特定のデータセットが必要となったとき、我々は単に直接聞けばよいのです。チーフ・データ・オフィサーはまたツイッターアカウント アットマーク・シカゴCDOを持っていますので、誰でも彼にコンタクトを取ることができるし、質問することも可能です。このコミュニティへの参加が必要なのです。このことがコミュニティへの対応を市が行えることになります。

17.
The next part of the civic innovation ecosystem that I want to talk about it people. None of these efforts that I’ve talked about work without people to come up with ideas, to build them, and to help implement them. And I’m not just talking about web developers – I’m also talking about city employees, designers, non-profit employees, data scientists, journalists – they’re all needed to make our civic apps the best they can be.

The way we recruit people into our civic innovation space is through the OpenGov Hack Night. The OpenGov Hack Night was spun out of the OpenGov Chicago monthly meetup. The OpenGov Chicago Meetup was started in 2009 as a way to promote transparency in government. Once the City of Chicago began opening up their data, the challenge became “OK… so what do we do with all of this data?” The OpenGov Chicago meetups were a great place for talk – but not a great place to get things done. The city had started to host a series of hackathons, but we quickly discovered that hackathons were great for meeting other civic hackers but we really couldn’t produce anything of quality at the hackathons.

次にお話したいシヴィック・イノヴェーション・エコシステムの要素は人々についてです。これまでにお話してきたことは皆さんのアイデアや、アプリの開発、実装のお手伝いがなければとても実現できたものではありませんでした。そして、私は別にWeb開発者についてのみ話しているわけではありません。市の職員、デザイナー、NPOで働く方、データ・サイエンティスト、ジャーナリスト、などなど、我々の市民向けアプリ開発において彼らが居なければとてもベストのものはできなかったのです。

このシヴィック・イノヴェーション・エコシステムに人々を集めるのがオープン・ガバメント・ハックナイトです。オープン・ガバメント・ハックナイトは月に1回行われていたオープン・ガバメント・シカゴのミーティングから派生して生まれました。オープン・ガバメント・シカゴのミーティングは2009年に政府の透明性を向上させようという目的で開始されました。市がオープンデータを公開し始めたとき、次のような気持ちが芽生えたのです。「オーケー、じゃぁ我々はこのデータを使って何ができるのだろう?」オープン・ガバメント・シカゴのミーティングは話をするにはとても良い場でした、しかし、何かを生み出す場ではなかったのです。同時に市は連続で行われるハッカソンを主催し始めていました。しかし、そこでもすぐにハッカソンは他のシヴィック・ハッカーと出会うには良い場所でも、ある程度の品質をたもったアプリを生み出すことが出来ないことに気がついたのでした。

18.
So, Derek Eder started the OpenGov Hack Night – a weekly event for everyone to get together and work on civic apps and I started co-hosting a few months later. We’ve been doing the event for three years and it’s become the place to talk about projects, challenges, and to meet like-minded people. We average about 80 people a week and have had up to 120 people at an event. If you want to learn about the civic technology space in Chicago – this is where you go. The most important part about building this community is making sure that everyone feels welcome and invited – not just the technologists – but community activists as well. Part of what I do at hack night is teach the Civic Hacking 101 class so that it helps lower the barrier to entry. Nobody should feel intimidated when they come to join our community.

そこで、デレク・エダーはオープン・ガバメント・ハックナイトを始めたのです。そこでは人々が集まり市民向けアプリを開発する週一回のイベントです。私も数ヵ月後に一緒に主催する側に回りました。このイベントは三年以上続いており、そこではプロジェクトについて語り、問題点を議論し、同じような志を持った人に出会う場なのです。イベントには平均80人の参加者がいて、最高120人まで集まったことがあります。あなたがシカゴ市でシヴィック・テックについて学びたいとき来るべき場所はここなのです。このコミュニティを形成するのにもっとも大切なポイントは、技術者だけではなくコミュニティで活動している人なら誰でも全てが受け入れられると感じられることです。ハックナイトで私が担当しているもののひとつにシヴィックハッキング入門コースの提供があります。これによりこのコミュニティへの参加を容易にしているのです。このコミュニティに参加するのにおそれることはなにもありません。

19.
And it’s very important to get everyone – all types of people – into the community. All of these wins that I spoke about earlier – only exist because we had a partnership form between the technologists and the people who are working in front-line organizations to help try to solve civic problems. The largelots.org project was spearheaded not by the coder – but rather the community organzation that wanted to solve the problem of vacent lots inside their neighborhood. Expunge.io came about from a partnership between the legal aid foundation and a non-profit youth organization. There’s an entire community organizing aspect to our work that provides tremendous value to what we do.

そして、どんな人でも、つまりあらゆるタイプの人々がコミュニティに参加できることはとても重要なことなのです。これまでにお話してきた成功事例は全て、技術を持つ人々と行政の最前線で働く人たち、その間に居る全ての人々で市民の問題を解決しようと努力している人たちと一緒だったから出来たことなのです。largelots.org (ラージロッツ・オルグ)プロジェクトは技術者によって始まったものではありません。むしろ、地域にある空き地の問題を解決したいと考えた地域コミュニティ組織によってなのです。Expunge.io(エクスパンジ・アイオー、消去)は法律扶助組織と青年向け活動のNPOとの協働から実現したものです。地域にあるコミュニティ全体の貢献が我々の実績にとてつもない価値を与えているのです。

20.
But that’s a hard thing to do on a volunteer basis. There are only so many hours in a day to do this work if you’re also working a full-time job. With a team of volunteers, it’s easy to get small wins. For example, creating a searchable map of all the places where you can get a flu shot online. However, to do something more complicated and more complex – it requires people working full time. Being able to do that requires considerable funding.

In 2007, the MacArthur Foundation, the Chicago Community Trust, and the City of Chicago put together a report called the “City that Networks” The leadership of these organizations recognized that the digital revolution was poised to change the way that cities functioned. The leadership came together to find a way to set Chicago up for success. To do this, they decided that Chicago needed a center of gravity of civic innovation. That organization became the Smart Chicago Collaborative. The three organizations sit on it’s leadership board with the organization itself being houses as an initiative of the Chicago Community Trust. We receive funding from the MacArthur Foundation, and the City of Chicago sits on our board.

しかし、このようなことはボランティアベースではなかなか厳しいことです。もし、フルタイムで働いていたら、ボランティア活動にさける時間はそんなにとることが出来ないでしょう。ボランティアチームであっても、小さなことを成し遂げる事は可能です。例えば、どこで予防注射が打てるかを表示するような検索マップを作ることはできます。しかしながら、より複雑で、より困難なことを解決しようとすると、フルタイムで働いてくれる人が必要になります。このようなことができるようになるには資金獲得を考えなければなりません。

2007年にマッカーサー財団、シカゴ・コミュニティ・トラスト、シカゴ市は共同で”ネットワークする都市”というタイトルのレポートを出しました。三つの組織のリーダー層はデジタル革命が都市機能の動き方を変えていくことになるだろうという結論に達しました。リーダーたちはシカゴ市が繁栄しつづけるための方法を見出そうとしました。それを実現するため、シカゴ市がシヴィック・イノヴェーションの中心地となることを決断したのです。この三つの組織が結果的にスマート・シカゴ・コラボラティブとなりました。組織はシカゴ・コミュニティ・トラストを母体として、三つの組織の管理層はそのままに残ります。マッカーサー財団は資金を出し、シカゴ市が管理層に加わりました。

21.
Because we have funding, the Smart Chicago Collaborative is able to hire consultants to build civic apps, meet with partners, and provide advice to other community organizations.

資金獲得が出来たので、スマート・シカゴ・コラボラティブはアプリ製作やパートナーとの折衝、他コミュニティ組織へのアドバイスができる人々を雇うことが可能になりました。

22.
We’re also able to add capacity to the ecosystem. Anyone who builds a civic app in Chicago can have it hosted by the Smart Chicago Collaborative for free. We also provide free user testing and access to developer tools like Twilio and Mapbox.

さらにエコシステムに対しての援助を行うことも出来ました。シカゴ市で市民アプリケーションを開発しようとする人は誰でも、スマート・シカゴが無料でサーバーのホスティングを行います。また、無料でユーザーテストやTwilio(トゥイリオ)やMapbox(マップボックス)などの開発ツールへのアクセス権を付与しています。

23.
We’ve even been able to add capacity to our county government. Cook County wanted to hire a staff member to help open up their data. However, because of budget restraints they could not afford to hire somebody of adequate talent. So, Smart Chicago and Cook County split the difference enabling Kalov Strategies to start opening up Cook County data.

We have also been able to team up with World Business Chicago and neighborhood community organizations to help close the digital divide in Chicago through our Connect Chicago Challenge program.

This is only possible because we have the institutional support to help fund our efforts.

さらには州ではなく郡政府に対する助成も可能になりました。クック郡はオープンデータを公開するための職員を必要としていました。しかしながら、予算上の制限で適切な能力を雇うことが不可能になっていたのです。そこで、スマート・シカゴとクック郡は共同してカーロフ・ストラテジー社の協力でクック郡のオープンデータ化をすすめることになったのです。

また、ワールド・ビジネス・シカゴおよび地域コミュニティ組織と共にシカゴにおけるデジタル・デバイドを解消するコネクト・シカゴ・チャレンジ・プログラムを行っています。

このようなことは組織的援助による資金獲得無しには出来ないことなのです。

24.
The other major activity that we do is write about our work and to tell our story. Every week, I livestream the OpenGov Hack Night and blog about the presentations. I also write how-to guides and lessons learned to help newer civic innovators in the space. In the three years that I’ve been doing this for Smart Chicago, we’ve put together over 400 blog posts about civic innovation and have over 300 videos on YouTube. We’ve also written books about our work.

We do this because when other cities ask us how we did something, we want to be able to tell the story and to be helpful. As much work as we’ve done in this space, civic technology is still a fairly new field. None of this existed ten years ago. It’s something that none of us went to school for. We’ve had to learn all of this through experience and doing the work. So, it’s very important for us to write down what worked, what didn’t, and what we were thinking at the time so that when others try and start their own projects they can learn from us.

他に行っている主要な事業としては記事を書き、他の人にわれわれのストーリーを伝えるという事があります。毎週、オープン・ガバメント・ハック・ナイトはオンラインで中継され、発表された内容のブログが公表されます。また、ハウトゥガイドを書き、これまでの経験を記すことでこの分野に新たに参入した新しいシヴィック・イノヴェーターの役に立つようにしています。三年間でこのスマート・シカゴからシヴィック・イノベーションについて400以上のブログ、300以上の動画をYouTubeにあげています。また、我々の活動について書籍も出版しました。

このことは他の都市からやり方を聞かれたときに、ストーリーを話し、それが何らかの助けになることを願っているからです。この分野でかなりの活動をしてきましたが、まだまだ新しい分野です。10年前にはこのような活動は全く存在しなかったのです。誰も学校で学んできていません。活動をする中で経験し、学ぶことでしか知ることが出来ないのです。そこで、どのようにすればうまくいくのか、いかないかを記録する事はとても重要なことになります。また、それを実行したときに我々が何を考えていたかを記録する事は、他の人が彼ら独自の取り組みをはじめ、実行しようとするときに、そこから学ぶことを可能にするのです。

25.
And that brings me to the fourth part of the ecosystem – the network. While I serve as the Code for America Brigade Captain for the City of Chicago – I’m just one of many civic innovators in a global network. The network allows me to share stories about the work we’ve done with thousands of civic innovators across the globe.

そして、次にエコシステム4つ目の要素、ネットワークについてお話します。Code for Americaのシカゴ市ブリゲイドキャプテンとして活動をするとき、私はグローバルにネットワークが広がるシヴィック・イノヴェーターのひとりとなります。このネットワークにおいて、世界中に居る数千のシヴィック・イノヴェイターと自分達が成し遂げた活動についてのストーリーを共有することが可能なのです。

26.
The real power of this network is it allows us to collaborate and exponentially expand our knowledge base. This is particularly useful for small or newer communities that are just starting out. Instead of having to do things on their own, they can literally go online and ask hundreds of civic innovators a question and get replies within minutes. Because odds are out of the 157 brigades, you are not the only one to have encountered a specific problem. We learn from the network and they learn from us.

This has also helped to scale the civic innovation movement in a very short amount of time. Each new city starts out with the lessons learned from 150 other cities including Code for Japan based right here in Tokyo.

このネットワークの真のパワーは、我々が協働することを可能にし、自分たちの知識を指数関数的にひろげていけることなのです。このことは特に小さかったり、始めたばかり新しいコミュニティにとってはとても役に立ちます。自分たちで実行するかわりに文字通りオンラインにアクセスし、数千のシヴィック・イノヴェーターにたずねた質問は数分のうちに回答が戻ってくるのです。157ものブリゲイドがすでに存在するので、その問題があなただけの特別のものであることはほとんどありません。我々はネットワークから学び、彼らもまた我々から学んでいるのです。

このことはまたシヴィック・イノヴェーションのムーブメントをきわめて短時間で大きくすることを可能にしています。Code for Japanの存在するここ東京も含まれる150以上の都市から学んだことを基礎に新しく始めることができるのです。

27.
So, I’ve given you an overview of how we built the civic innovation ecosystem in Chicago. Now, I want to show you what that allows us to do with an example of a civic startup that has come out of Chicago. This here is Rose Arfyie, the founder of mRelief. mRelief is a website that allows users to find out what social services they’re eligible for.

Social services in Chicago can be difficult to navigate because the social safety net is so complex. Social services are administered by multiple governmental and non-profit organizations each with their own set of qualifications. There’s no one stop shop for social services – you have to apply at each agency separately which can take a lot of time. It’s a big problem.

では、ここシカゴで実際にどのようなかたちでシヴィック・イノヴェーション・エコシステムが作られていくのかの実例をお見せしましょう。シカゴ発のシヴィック・スタートアップの例とともにそれが何を可能にするのかをお知らせしたいと思います。ここに居るのはローズ・アルフィー、エム・リリーフの創業者です。エム・リリーフは市民がどのような福祉サービスを受けることが可能かを表示してくれるウェブサイトです。

シカゴ市における福祉サービスはセイフティーネットが複雑なため見つけるのがなかなか困難です。福祉サービスは市の複数部署やNPO組織によって運営されており、受給資格もそれぞれ別になります。一発で適切な福祉サービスを見つけたり、申請できる場所はありません。それぞれ部署ごとに申請することが必要で、それにはとても時間がかかります。これは大きな問題だったのです。

28.
The start of this effort was when the Mayor’s office came to OpenGov Hack Night to talk about the problem set. There representatives from the Mayor’s office met with Rose. Rose and other participants came up with the idea for mReleif.

この問題解決は、オープン・ガバメント・ハックナイトに市企画部の方が来て、問題を話したときから始まりました。市企画部の代表者がそこでローズに出会ったのです。ローズと他の参加者がエム・リリーフの原型となるアイデアを生み出しました。

29.
With the funding, Rose was able to go full time and hire two additional team members. mRelief used Smart Chicago’s Twillio account to enable texting for the app and then went through user testing to ensure the app was working as designed.

資金獲得後、ローズはフルタイムで活動を開始し、さらに2名のチームメンバーを追加で雇用しました。エム・リリーフはスマート・シカゴが提供するトゥイリオ・アカウントを利用して、アプリケーションが携帯宛にSMSメッセージを送信することを可能にし、さらにユーザー・テスト制度を利用してアプリケーションが設計どおり動作するかを確認しました。

30.
Because Smart Chicago works so closely with Code for America, one of the first things that we did was to introduce mRelief to Code for America’s health team. Code for America’s health focus team has worked extensively with social service issues and with creating apps that text – much like what mRelief is trying to do. This consultation helped to improve mRelief.

Once mRelief launched, they presented their work at OpenGov Hack Night – which Smart Chicago live streamed and blogged about it – helping to share their work nationally.

Later, when Code for America wanted to focus on food stamps for one of their Code Across Challenges – they reached out to mRelief to help run the challenge.

As you can see, the network allowed mRelief to amplify their efforts – and in return, Code for America’s health team and Brigade network were able learn from their experience.

mRelief has been a big success in Chicago and Smart Chicago is proud to be awarding them another $15,000 in funding to support their work.

スマート・シカゴはCode for Americaと密接に協業しているので、最初にわれわれがしたことは、このアプリをCode for Americaのヘルスケアチームに紹介することでした。Code for Americaのヘルスケアチームは福祉サービスの問題に特に集中して活動しており、携帯宛にメッセージを送信できるアプリを作成していました。これはまさにエム・リリーフが解決しようとしているものでした。この協業はエム・リリーフの改善に役立ちました。

エム・リリーフが発表された後、チームは成果をオープン・ガバメント・ハックナイトで発表しました。このことについてスマートシカゴが中継し、ブログを発表したため、この成果は国内で広く知られるようになりました。

後にCode for Americaがコード・アクロス・チャレンジというイベントで生活保護の問題に光を当てようとした際には、エム・リリーフのチームにサポートを依頼しました。

皆さんもおわかりのように、このネットワークがエム・リリーフの成果を強調することを可能にしました。同時にCode for Americaのヘルスケアチームおよびブリゲイドのネットワークはチームの経験を学ぶことが出来たのです。

エム・リリーフはシカゴで大きな成功を収め、スマート・シカゴは彼らの働きに対して1万5000ドル、約180万円の賞金を授与し、それが彼らの活動を引き続きサポートすることになっています。

31.
As you can see, the ecosystem helps accelerate projects like mRelief and the network helps to amplify our work.

ご覧のように、エコシステムがエム・リリーフのようなプロジェクトを促進し、ネットワークが彼らの成果を拡散することに役立っているのです。

32.
Later on, you’ll hear from Harayuki Seki-San with Code for Japan to talk more about how you can get involved in local efforts.

この後、コード・フォー・ジャパンの関治之さんから地域で活動するためにどうすれば良いのかのお話があります。

33.
ご清聴、ありがとうございました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s